(ニュース)住宅ローンが安くなったと、喜んでいる場合ではない この異常な低金利は「国債暴落」の前兆である

By | 2015年3月19日

現代ビジネスさん、相変わらず過激。

でもこれからローンを組むのであれば、このような最悪のシナリオもありうる事を考えておいた方が良いかもしれない。

実際、住宅ローン金利は不穏な動きを見せている。2月25日、三菱東京UFJ銀行が3月の住宅ローン金利(10年固定型・最優遇金利)を0・1%引き上げて1・2%とした。2月に入って、金利が一時的に急騰したのを受けてのことだ。この動きに追随し、みずほ銀行も住宅ローン金利を引き上げた。変動金利こそまだ据え置かれているが、今後いつ上昇に転じるか、予断を許さない。

 

続きはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です