イマドキのアレ+不動産屋=アレが見えるかを解決

By | 2016年1月6日

更地大好きイエタテル蔵です。
目に入るや否や、ブラックホールの如く引き寄せられてしまいます。

とは言え「実際に建物を建てたら、どんな感じになるのか」はその場に立ってもはっきりとイメージできません。

「これ本当に70㎡もあるのか!?」
「実際に建てると、隣の家との間隔はどうなるのか?」
「建ぺい率80%でギリギリ建てたいんだけど、どんな感じになるだろう?」

とかとか。そんな事が多々あります。

実際にタテル!となった場合は、そのような課題はCGや模型でクリアできます。HMや工務店さんが作ってくれるのかと思います。

一方、模型ではシミュレーションできない事があります。「家から見た外の景色はどうなるの?」です。

当然ですが地上と3Fでは見える景色が全然違うんですよね。東京でも富士山が見える土地など、まだ探せばあると思います。でもそれは地上からは判らないんですよね。

 

そんなあなたに!(私に?!)イマドキの不動産屋さんを見つけました。その名もドローン不動産w

キャプチャ2

 

ドローンを飛ばすことにより2階の眺望、3階からの眺め、ルーフバルコニーからの景色など様々な高さで撮影することが出来ます。「少しでも不安材料を払拭してもらいたい」と言う田港の細やかな思いがここには滲み出ているのですよ~、っと手前味噌。

とは担当者談。

実際は西片土地株式会社という、文京区にある超真面目な不動産屋さんです。よって文京区の土地がほとんどですけどね。映像は下記からどうぞ。良く出来てます。

https://www.youtube.com/channel/UC8OaX8AzKuSFGhwIYOOhPuQ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です